産後の抜け毛についてまとめてみました

産後の抜け毛がなかったら、これから抜けるの?

産後は抜け毛に悩まされる女性が多いものの、
すべての女性にあてはまるわけではありません。

産後しばらく極端な抜け毛がなかったとしても、
その後抜け毛が増えることがある反面、まったく悩まされない人も存在するなど、
症状には個人差があります。

産後の抜け毛は分娩後脱毛症と呼ばれ、出産後数ヶ月程度経過した頃に出現し、
半年から長ければ1年ほど続くこともありますが、徐々に回復しいずれは改善します。

抜け毛の原因は女性ホルモンバランスの乱れや、育児ストレスがほとんどです。

妊娠中の女性の体は、通常時に比べ女性ホルモンが増加します。

エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンには、
コラーゲンの合成や髪の毛の成長を促す働きがあるため、妊娠中に抜け毛を発症することはほとんどありません。

しかし出産後は女性ホルモンのバランスが元の正常な状態へと戻り、
同時にヘアサイクルも元へ戻ります。

休止期へと移行しないまま止まっていた多くの髪の毛が、一斉に休止期に入るため髪の毛が抜け落ち、薄毛となってしまいます。

子育てのストレスも、薄毛の原因の一つです。

睡眠時間が短くなったり不規則な生活を強いられることは、
人によっては少なからずストレスとなり、ホルモンバランスを乱す原因となりますから、
当然ながら髪の毛にも影響を及ぼします。

中には子育てによる生活習慣の変化をストレスと感じない人もおり、
なおかつ産後の女性ホルモンの変化も緩やかであれば、
抜け毛に悩まされることもありません。

このため年齢や出産経験といった要因との関連性よりは、
性格や環境が大きく影響することになります。

産後の抜け毛がなかったとしても、環境の変化によって突如発症することもありますから、
食生活に気を使うほか時にはストレスを発散することも重要です。

産後の無理なダイエットは抜け毛対策によくない

人体の構造上、産後は育児に特化した身体に変化する事もあり
元通りの体型に戻りにくいのですが、以前よりも太った外見や
着用していたお気に入りの洋服が着られないといった点がコンプレックスとなり、
無理なダイエットを行ってしまう方が大勢居ます。

もちろん、肥満体型である様子も生活習慣病などのリスクを高めてしまいますが、
ダイエットをすると体内に摂り入れられる栄養素が物理的に減少するので、
身体は唯一ある少量の栄養素のみで身体を維持する必要に迫られます。

必要量よりも少ない栄養素で身体を維持する必要に迫られた時、
人体は生命に直接的に関与している
脳組織や心臓を最優先して栄養素を分配します。

人体において髪の毛というのは最も優先順位が低い組織と言っても
過言ではないので、髪の毛を生成するための栄養素は常時不足状態となり、
発毛される量よりも抜け落ち量の方が上回り産後の薄毛として表面化します。

そのため、産後の抜け毛対策には十分に
発毛に求められる栄養素を摂取する事が重要となり、
尚且つ子供に対しても栄養を分け与えてあげなければならないので、
妊娠前よりもより多くの栄養を摂取しなければなりません。

しかし、産後から慢性的に食欲が無かったり
食欲はあるものの体型の事を考えると躊躇するといった事例では、
少ない量でも十分な栄養価が得られるように
効率的な食材選びをするのがポイントです。

特に効果的なのはイソフラボンであり、
女性の体内にある女性ホルモンの働きと非常に近い働きをしてくれますし、
タンパク質も豊富なので髪の毛を作り出すための要点が全て補える頼もしい栄養です。

しかも納豆や豆乳、お豆腐といったように加工されている品の種類が多いので
連日摂取し続けるといった場面でも飽きずに継続できます。

産後の抜け毛に対する育毛シャンプーの効果について

出産後は体質が変わりやすいという傾向があり、
その理由としてホルモンバランスが大きく関係しています。

妊娠中は胎児を育てることが第一の目的でしたが、
出産をすると母乳を作り出したり、通用の身体に戻すために
女性ホルモン増加したり減少するなど安定しません。

女性ホルモンに含まれているエストロゲンという物質が
髪の毛を健康に育てる働きを持っていますが、
ホルモンバランスが崩れることによって薄毛が進行したり
抜け毛が増加することになります。

母乳を与えることでかなりの栄養を子供に与えることになるので、
母胎に負担がかかって栄養不足になり抜け毛が起こることもあります。

また出産後は子育て中心の生活になってしまうので、
慣れない子育てにストレスや疲れを感じるようになります。

ストレスがたまると抜け毛の原因になってしまいますから、
出産後に毛がごっそり抜けてしまったと悩む女性は実は少なくありません。

そこで対策方法としてストレスをためない生活をしたり、
ホルモンバランスを整えることが大事ですが、
その他に育毛シャンプーを使うという方法があります。

産後は体全体が敏感になっていて、それは頭髪も同じです。
洗浄力が強いシャンプーを使うと、肌への刺激が強すぎて
潤いを奪い過ぎることがあります。

しかし育毛シャンプーを使えば、潤いを残しながら
汚れだけを洗い流すことができるので頭皮が守られます。

低刺激成分になっているので安心ですし、
育毛シャンプーにはアロマやハーブエキスなどが含まれていることから、
においが気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。

アミノ酸系で肌に優しいので、常に赤ちゃんとくっついている出産後は、
母親にとっても抜け毛対策になりますし、子供にも安心して触ることができます。

産後の抜け毛の悩みには葉酸サプリが効果がある?

産後に抜け毛が増えてしまうといった症状を体験した人は多いでしょう。

どうして産後に抜け毛が増えてしまうのかというと
ホルモンの分泌量が大きく関係しています。

赤ちゃんがお腹の中にいるときには女性ホルモンが多く分泌されるので
体が出産のための準備段階です。

流産が防止されて最適な子宮環境が出来ているのが特徴となっています。
女性ホルモンは毛の活動に関係することもわかっているので
女性ホルモンが多いほど毛の量も多くなるのが特徴です。

剥げにくい女性は女性ホルモンが多いと認識しておくとわかりやすいと言えます。

食生活や日頃の生活を見直すことで減少した女性ホルモンを増やす事が可能です。

手っ取り早く産後の抜け毛対策をしたいときには市販のは葉酸サプリメントを使うのが良いでしょう。

これは婚活にも利用できる商品で赤ちゃんに必要な栄養素が詰まっています。

葉酸が不足すると貧血になるうえにつわりもひどくなる、ビタミン不足や肌荒れの原因にもなるので大変です。

販売価格も1000円程度とかなり安いので気軽に導入できるのも魅力と言えます。

サプリメントだけでなく食事からも摂取するのが望ましいので
葉酸を多く含む食品を食べるのが理想的です。

えんどう豆やアスパラガス、ブロッコリーやホウレンソウといった
青野菜に含まれています。

とうもろこしやパン、いちごやコーヒーにも入っている成分です。

市販されている野菜ジュースならまとめて多くの野菜を摂取できるので手軽と言えます。

どれくらい摂取するのかというと1日あたり400μgから800gが目安となっているので
覚えておくといいでしょう。

適量を守って葉酸を摂取することでトラブルなく抜け毛対策を行えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする